20t超の大型トラックなど、新規格車の特殊車両通行許可も、全国からご依頼いただいております!(全国対応)

 
トップページ 通行許可制度 ご依頼の流れ 料金案内 事務所のご案内 お問い合わせ
 

  20トン超の大型トラックなどは新規格車と言います。

新規格車とは、高速自動車国道及び重さ指定道路を自由に通行できる車両をいいます。

ただし、その他の道路を通行する場合は、特殊な車両として取り扱われ、道路管理者への特殊車両通行許可申請が必要です。(特殊車両通行許可ハンドブックから抜粋)

例:単車(トラックの場合)の新規格車

@総重量の制限
◎最遠軸距 5.5m以上7.0m未満の場合
  総重量  22t(但し、車9.0m未満の場合を除く)
◎最遠軸距 7.0m以上
  総重量  25t(但し、車9.0m未満の場合を除く)

A総重量以外の制限
◎幅     2.5m   ◎最小回転半径  12.0m
◎高さ    3.8m   ◎軸重       10t
◎長さ    12.0m   ◎輪荷重      5t
◎隣接軸重
       隣接軸距が1.8m未満のもの  18t
       隣接軸距が1.8m以上のもの  20t
      (ただし、1.3m≦軸距かつ軸重≦9.5tの場合にあっては、19t)
以上の要件を満たすものが、新規格車となります。
 

  新規格車の特徴は

@積載する貨物は分解できるものでかまいません。

A「20t超」のワッペンを車両前面に貼ることになっています。

新規格車は、次の一般的制限値を超えるため、重さ指定道路及び 高速自動車国道以外を通行する際には特殊車両通行許可が必要 となります。

 

  一般的制限値とは

道路は一定の構造基準により造られております。
そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、
道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を定めています。
この最高限度のことを「一般的制限値」と言い、以下の表のよう
になります。

車両諸元 一般的制限値
2.5メートル
長さ 12.0メートル
高さ 3.8メートル
総重量 20.0トン  ※ここの数値を超えます
軸重 10.0トン
隣接軸重 ・隣り合う車軸が:1.8m未満の場合18.0トン
・隣り合う車軸がいずれも1.3m以上で、
 隣り合う車軸の軸重が9.5トン以下の場合:19.0トン
・隣り合う車軸の軸距が1.8m以上の場合:20.0トン
輪荷重 5.0トン
最小回転半径 12.0メートル

※セミトレーラ連結車・フルトレーラ連結車は、通行する道路種 別ごとに総重量および長さの特例が設けられています。


 

  新規格車の特車通行許可申請前に確認すること

@予定している経路は、重さ指定道路以外の道路が含まれているでしょうか?
※出発地から目的地まで、重さ指定道路のみで運行可能なら許可申請の必要はありません。

まずは、重さ指定道路の指定状況を確認しましょう。

重さ指定状況はこちらからご確認ください。

重さ指定道路の指定状況

Copyright © 2008 増トン車の大型トラックの通行許可取得 行政書士アサヒ総合事務所 All rights reserved.
by 行政書士アサヒ総合事務所